車の出張査定

MENU

車を売る場合に便利な出張査定ですが、出張に関してのトラブルがいくつかあります。
トラブルの一例として挙げられるのが業者が帰ってくれないというものです。

 

 

出張して来てもらい査定価格を出してもらったものの、予想よりも価格が低い為、売らないと言っても帰ってくれないというトラブルがあります。

 

 

中にはしつこく居座るような業者も存在しますので、そういった時には困ってしまう事もあるものですが、そんな事態に陥ってしまった時にははっきりと意志を伝える事が大切になります。

 

 

 

曖昧な態度ですと業者にも付け入る隙を与えてしまう事になりますので、売らない気持ちがある際にはしっかりとその旨を伝えた方が良いと言えます。

 

 

適当な理由を付けて帰ってもらうようにする事も一つのポイントです。

 

 

 

例えば別の業者にも査定をしてもらいたいという理由やこの後に予定があるなど、今この場では決断は出せないという気持ちを伝えるのも良いでしょう。

 

 

ただ、こういった業者ばかりではありませんし、安心して依頼できる業者の方が多いと言えますので、よほど業者選びを間違わなければそういったトラブルに見舞われる事は無い言えます。

 

 

 

因みに出張して来てもらった際にはどの程度の時間が掛かるのかと言いますと、大抵の場合は10分から15分程度と言えます。

 

 

相手はプロですのでササッと完了する事が殆どです。

 

 

 

査定の際には隅々までチェックされますので、洗車を行って綺麗にしたり、室内も清掃しておいた方が良いのではないでしょうか。

 

 

査定の際には書類を準備しておいた方が良いのか迷ってしまうものですが、あまりにも準備万端ですと売る気があると思われ、安い査定価格になってしまう事もありますので、そこまで本腰を入れて準備をせずとも良いと言えます。